• ホーム
  • 肌のお手入れとしてパックを使う方法がある

肌のお手入れとしてパックを使う方法がある

2019年11月25日

透き通るような白く潤いのある美肌のためにも、普段のフェイスケアにパックを使うのは良い方法です。何回でも使えるのがシリコンマスクであり、好きなシートマスクを顔にのせたら、その上から装着します。フェイスパックにはたっぷりの化粧水や美容液が含まれていますが、そのまま載せただけではすぐに乾くのが難点です。大容量のシートパックは、たっぷり枚数が入っているのに、お値段は安いので助かります。でも大容量タイプのシートは、薄くてすぐに乾燥しがちです。1枚1枚は安いので、メイク前にも気軽に使えますが、しっかり肌に成分を届けたいときには物足りません。そこで利用をしたいのが、シートの上にさらに装着できるシリコンマスクです。素材はシリコーン製なのでシートに含まれる美容成分を簡単に蒸発させることがありません。しっかりと潤いをキープして、美容成分を浸透させてくれます。使い捨てではないシリコーン製なので、何回でも洗って使うことができますし、商品自体も値段は高いものではありません。一般的な美容成分配合のシートは、10分ほどが限界で後は乾燥するばかりです。勿体ないからといってさらに長く肌にのせると、美容成分も水分も蒸発をするので、肌の水分まで失ってしまいます。蒸発を強力に防ぐのがシリコンマスクであり、少し長めにシートマスクを使っても、簡単に成分を蒸発などはさせません。バスタイムで湯船につかりながらでも使うことができますし、毛穴が開きやすく美容成分の浸透も良くなります。使い方は2パターンあり、好きなシートマスクを顔にのせてから、その上に重ねる方法です。水分と美容成分の蒸発を防ぐので、保湿力が向上をして潤う効果もアップします。毎日ではなくても週1~2回を目安に、いつものフェイスケアに取り入れてみることです。
通常のスキンケアの基本は洗顔後、清潔な肌に化粧水を塗布して次に乳液ですが、その流れにプラスをするスペシャルケアを定期的にします。化粧水で肌を整えたらシートマスクをするステップであり、肌が潤うのは濃厚な美容液成分が含まれるためであり、健やかで美しい肌に導くお手入れです。いつものフェイスケアにプラスアルファなので、週1~2回を目安をすることで面倒にもなりません。バスタイムにはシリコンマスクを、そのまま洗顔後の肌に装着をして、毛穴を開いて汚れを柔軟に除去するケアに使うこともできます。発汗作用も促されますし、バスタイム後の美容液もいつもより浸透が良いです。