• ホーム
  • トレチノインとハイドロキノンでシミを改善しよう!

トレチノインとハイドロキノンでシミを改善しよう!

2019年07月30日
肌がきれいなので満足をする女性

自宅でケアしながら着実にシミを改善するなら、トレチノインとハイドロキノンを活用しない手はありません。
表皮の深い部分に潜むメラニン色素を、トレチノインは排出させる働きがあります。
皮膚代謝が滞ると健やかな白い肌を維持するのは困難ですが、この成分は表皮の細胞を活発にするので、どんどん細胞も押し上げられるわけです。
遅くなりがちだったターンオーバーは正常に戻り、メラニン色素も順調に排出をされていきます。
しだいに肌質も硬い状態から柔らかさが出てきますので、表面のざらつきも気にならなくなり、毛穴改善にも有効です。
皮膚の古い角質は自然に剥がれて、新しい皮膚細胞に切り替わるので、毛穴レスな美肌を目指すことができます。
日本の医療機関では主にシミやくすみ改善に使用をされますが、海外では毛穴改善にもなることから、ニキビ治療にも使われる医薬品です。
活発過ぎる皮脂腺の機能は下がりますし、皮脂腺の萎縮にもなり、毛穴を詰まらせている角栓を柔軟にはがれやすくします。
そのため欧米においては、ニキビ治療での処方はとても多いです。

抜群の美白効果を持つのがハイドロキノンであり、メラニン還元力もとても強いですから、すでにあるシミを薄くする作用もあります。
太陽の紫外線を浴びることで肌は防御対策をはじめますが、紫外線吸収のメラニンを、細胞の核を守るために作るものの、多すぎるのは問題です。
細胞の核を傷つけないための対策ですが、メラニン生成が多すぎると、排出が間に合わないためくすみやシミになります。
最初は無色であっても次第に酸化していくので、茶褐色になって肌に残りますが、還元力が高いのはハイドロキノンです。
還元力とは茶褐色に変わったメラニン色素を薄くする力なので、美白効果効果を発揮してくれることになります。
ビタミンCにもメラニン色素の還元作用はありますが、その上を行く働きなのでとてもパワフルです。
紫外線を肌に浴びることで体内では、メラニン色素の指令を受けて、アミノ酸のチロシンができて、酵素チロシナーゼへと変化します。
認められている美白有効成分は複数ありますが、それらは酵素のチロシナーゼの活躍を抑えることが可能です。
チロシナーゼの働きをセーブするので、メラニンを防ぐことができる、この同様の作用がハイドロキノンにもあります。
古い角質も自然に除去するトレチノインの効果と、抜群の美白効果のハイドロキノンは、併用することでシミ改善の効果を最大限に発揮しやすいです。

また、ハイドロキノンとトレチノインを含むユークロマプラスクリームという医薬品があります。
このユークロマプラスクリームは、2つの成分を併せ持っているため、シミや色素沈着などに大変効果が高く、かつ肌への負担も少ない医薬品となっております。
この万能ともいえるユークロマプラスクリームは通販サイトでも購入できるため、気になる方がいれば一度試してみてはいかがでしょうか。