• ホーム
  • シミを綺麗に消すことができる市販薬はあるの?

シミを綺麗に消すことができる市販薬はあるの?

2019年09月19日
肌がきれいなので自信を持っている女性

シミのない透き通るような素肌を目指すなら、市販薬を賢く使うことでその願いを叶えることになります。結論から言うとシミをリセットして、白い肌へ導く市販薬はありますし、配合成分を意識して服用継続するのもポイントです。パントテン酸はビタミンの中のひとつであり、パントテン酸カルシウムはパントテン酸として活躍をします。タンパク代謝や糖代謝に脂質代謝といった、生体内代謝に必要な役割をもちます。接触皮膚炎や湿疹などの治療でも使われますし、便秘治療でも使われることのある成分です。タンパク質構成のアミノ酸のひとつがL-システインであり、お肌にとっても有効な働きをします。健やかな皮膚を維持するために、パントテン酸やビタミンCと共に働きかけるので、肌トラブル改善にもタッグを組んで活躍です。アスコルビン酸はビタミンCのことであり、美肌になるためにも維持するためにも欠かすことは出来ません。L-システインやパントテン酸カルシウム、アスコルビン酸などを惜しみなく含む市販薬が、肌悩みとなるシミを撃退してくれます。体の内側から飲んで効くのがキミエホワイトプラスであり、パントテン酸カルシウムに医薬品有効成分のL-システインも240mg配合です。黒い色素の生成の抑制になる、L-システインとアスコルビン酸が惜しみなく含まれていて、皮膚代謝が順調になりメラニン排出もしやすくなります。粘膜や皮膚を正常に保つ働きの、アスコルビン酸も含むので、シミに効いて皮膚の生まれ変わりをサポートするのがキミエホワイトプラスです。3種類の有効成分、ビタミンCとして働くアスコルビン酸、L-システインやパントテン酸カルシウムが、ハイチオールCプラスには良いバランスで配合されています。シミの原因となるメラニン生成に働きかけるのが、有効成分L-システインです。過剰なメラニン生成は、L-システインとビタミンCの協力で抑制、黒いできてしまったメラニンを無色化する働きもあります。ハイチオールCプラスの服用継続は、次第にそばかすやシミを薄くさせるためにも有効です。シミへの働きかけと共に、小じわにも働きかけるロスミンローヤルも、効果効能の認められた医薬品になります。L-システインにパントテン酸カルシウム、アスコルビン酸もロスミンローヤルにはたっぷり含有です。有効成分の13種類のほかにも、シャクヤクやローヤルゼリーなど、9種類もの生薬も含まれています。血行を改善することになりますし、紫外線によるトラブルからも皮膚を守るので、若々しい肌を目指せる医薬品です。